2017/10/15

世界の中銀の金保有が増加

新興国を中心に中央銀行の金保有量が増えている。
金の国際調査機関によると、保有量は2016年までの5年間で
約7%増えた。キーワードは「通貨防衛」。
地政学リスクが高まる中、通貨の信用力向上を目指し、中銀の保有量は
一段と増すとの見方が出ている。

保有量は17年7月末時点で約3万3400トンで増加基調が続く。
16年は7年連続で中銀による金購入が売却を上回った。
特に購入が目立つのが世界第6位の保有国であるロシア。
7月末時点の中銀保有量は1729.4トンと、1年で12%増えた。
金を保有することでルーブルの信用力を高め、通貨価値を守る狙いだ。

世界第5位の金保有国である中国は09年以降、急ピッチで金を
積み増してきたが、16年11月から現在に至るまで金保有量は
横ばいで推移している。
海外から金を購入する場合、ドル買いを促す可能性があるため、
金購入を一時的に休止したもようだ。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

世界中の中央銀行が、金を売却から購入に180度転換したのは、
リーマンショックがきっかけだった。
特に中国は、上記の日経記事には書かれていないが、自国で取れる
金(約500トン)の全てを毎年備蓄している。
金価格の長期予想を強気で変えない理由の一つが、中銀の姿勢にある。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント