2017/09/10

小型株活況の裏に日銀

時価総額の大きい大型株はさえないが、小型株は活況だ。
今回は過去と様子が異なる。陰の立役者が日銀という点だ。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の古川氏は「日銀のTOPIX型上場
投資信託(ETF)買いが流動性の低い小型株にプラスの効果を生んで
いる」と解説する。
日銀は2016年下半期、ETFの買い入れ額を年6兆円に倍増し、日経
平均型中心からTOPIX型平均へと買い入れ対象の調整を決めた。
小型株の成績が良くなったのは、この後だ。

投資指標にも変化が起きた。
大型株のPERは16年9月末から17年8月末まで横ばいだったが、
中小型株は13倍台から16倍台に跳ね上がった。
日銀の存在感は日増しに高まっている。
日銀は16年8月以降、ETFを1回あたり700億円強、買い入れている。
東証1部の売買代金の4%前後に相当する規模だ。

大和住銀投信投資顧問の上石氏は「5%を超えると、株価が企業業績
を反映しにくくなるなどマーケットに影響が出る」と話す。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

小型株は日銀バブルと言ってよい環境にあると思われる。
このような状況をいつまで続けるのか、また、続けられるのだろう。
異常な状態が長く続けば続くほど、正常な状態に戻るときに大きな
反動があると考えられる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント