2017/08/27

ETF大量買いの功罪

「あんなに大量になってしまって、どうやって売るんだろうか」。
為替ディーラー歴40年超の男性がこうつぶやいた。
「大量」とは日銀のETF買いだ。
株式市場の「官製相場」には強い違和感を覚えるという。

日銀がETFの保有残高増加ペースを年間3兆3千億円から6兆円へと
引き揚げてから1年。表立った批判が目立ってきた。
ニッセイ基礎研究所の井出氏は、確かに日経平均株価の上昇を促して
2万円への道筋を作った。
だが「6兆円に増やしてから異論が増えた。やめるなら今」と主張する。

日本株ヘッジファンドの運用者も「百害あって一利なし」の立場。
市場の価格決定機能は薄れ、上がりも下がりもしづらい相場が続く。
いずれ償還がある債権と売らなければ手元に残る株式と「出口」の
ショックには大きな差がある。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

日銀の大量ETF買いのツケは、近い将来に払う事になりそうだ。
日本国債の大量取得のツケも同時に払う時が来ると予想している。
欧米の中央銀行は、出口戦略(金融引き締め)の工程を示しているが
日銀は何も示しておらず、ハードランディングになるかも知れない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント