2017/06/25

過熱感の強い銘柄

25日移動平均線を大きく上回る企業をランキングした。
対照は日経500種平均株価の構成銘柄。
移動平均は一定期間の株価の平均値を表し、その間の投資家の
平均買いコストといえる。
足元の株価が上方に5%以上かい離すると、利益確定売りが増え、
反落に向かうともされる。

   過熱感が強い銘柄
       25日移動平均上方乖離率   予想PER
KLab      30.1%          72.5倍
東芝       22.7%          28.0倍
アイフル     18.1%          21.2倍
コナミHD     15.5%          32.7倍
ぺプドリ     11.5%          215.7倍
HIS       11.3%           17.6倍
ツムラ      11.2%           25.2倍
任天堂      11.0%           98.7倍
日水       10.5%           10.6倍
鹿島        9.5%           11.9倍
 (注)19日時点。

     日本経済新聞より一部抜粋) 

乖離率の大きい10社を載せたが、他に大成建、セイノ―HD、
日本取引所、京都銀、東海カ、クボタ、資生堂、昭電工、リゾートトラ、
カプコンが、8.8%~7.9%の乖離率だった。
目先の株価動向の参考になるかも知れない。
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント