2017/05/28

米家計の借金 最高

米国の家計の借金が12兆7300億ドル(約1410兆円)に達し、
金融危機時の最高水準を更新した。
「主役」は学生ローン、自動車ローン、クレジットカードローンの3つ。
負担の重さから足元でそれぞれ延滞率が上昇しており、好調な
米経済を失速させるリスクをはらむ。

学生ローン残高は3月末時点で1.34兆ドルに達し、08年から
2倍に膨らんだ。
09年から11年に卒業した人の約3割がデフォルトした経験がある
というデータもある。
原資は大半が公的資金で、焦げ付きが増えれば財政悪化につながる。

JPモルガンのCEOは「1兆ドルの自動車ローンのうち、3千億~4千億
ドルがサブプライムと推定しており、何らかの問題になるだろう」と
警鐘を鳴らす。
クレジットカードローンも同じで、個人が借金で消費を膨らます構図だ。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

米家計の借金額が再び最高水準まで上昇してきたが、今後の金利上昇で
さらに大きな負担になりそうだ。
米経済の好調が借金によるものだという事が分かった。
借金による好調な経済は長続きせず、いずれ不調に転じる事は08年に
経験しているが、今回も繰り返されるかも知れない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント