2017/05/21

株「恐怖指数」が示す未来

世界の資産運用関係者の間では先週、「嵐の前の静けさか」という
設問で議論が沸騰した。
議論の火付け役は投資家心理を測る指標で「恐怖指数」とも呼ばれる
変動性指数(VIX)だ。
8日に9.77と1993年12月以来、23年ぶりの水準に落ち込んだ。

VIXは米S&P500種株価指数を対象としたオプション価格から算出
したボラティリティ(予想変動率)を指数化したもの。
株価が底堅く、投資家心理が落ち着いているとVIXは下がる。

しかし、それが行き過ぎると反動が起きるという経験知を市場関係者の
大半は共有している。
過去、10を割り込んだのは93年と2007年だが、いずれも約1年
後にメキシコ通貨危機やリーマンショックが発生した。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

VIXが10を割り込んだ事は知っていたが、気にしていなかった。
だが、トランプ大統領のスキャンダルが大きくなり、場合によっては
弾劾にまで発展する可能性があり、過去を振り返る必要が出てきた。
過去の2度とも1年後に危機が発生した事から、少なくとも今後1年
は動向を注視する必要がありそうだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント