2017/04/30

日本の「都市鉱山」

日本の都市鉱山に眠る金は6800トンと世界の埋蔵量の約16%、
銀は約6万トンで約22%にあたる量が存在。
国別の埋蔵量としてはともに世界一だ。
銅も約8%にあたる3800万トンが存在し、2位につけている。
都市鉱山の埋蔵量からみると日本は世界有数の資源国と言える。

日本の都市鉱山には世界需要の数年分の金属が存在する。
金・・・2.7年分          銀・・・3.1年分
銅・・・2.5年分          白金族・・・5.7年分
リチウム・・・7.4年分      コバルト・・・2.3年分
タンタル・・・3.5年分      ニッケル・・・1.1年分
タングステン・・・0.8年分    レアアース…2.5年分

     (日本経済新聞より一部抜粋)

日本の都市鉱山については知っていたが、これほど多くの量が眠って
いるとは思わなかった。
世界需要の数年分と言う事は、日本需要の何年分になるのだろう?
無駄に家電や携帯電話などを消費していると思っていたが、リサイクル
を確立すれば、無駄ではなくなりそうだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント