2017/01/22

個人が選んだベスト投信

個人投資家自らが優れた投信を選ぶ「ファンド・オブ・ザ・イヤー
2016」の発表会が渋谷であり、個人投資家が詰めかけた。
投票は投信ブロガー139人。
商社、通信、金融など様々な業種で働く若い世代の会社員が主体だ。

  個人が選んだベスト投信2016(一部略称)
1位 ニッセイ外国株式インデックス
2位 たわらノーロード先進国株式
3位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
4位 iFree 8資産バランス
5位 セゾン・バンガード・グローバルバランス

アクティブ運用で成功すればコスト差などはるかに上回る成績を
得られるが、長期で勝ち続けるアクティブ型投信を事前に選ぶ難しさを、
多くのブロガーが熟知している。
このためこの賞では例年、低コストのインデックス型が上位に来がちだ。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

投信を長期で運用する場合、やはりコストは重要な気がする。
それでも株式投信は、購入するタイミングが最も大切だと思われる。
基本的に株投資と同じ感覚が必要かも知れない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント