2016/11/13

債券市場にトランプショック

米大統領選挙でトランプ氏が勝利したことで、世界の債券投資家は1日で
3370億ドル(約35兆7000億円)を失った。
経済成長の促進を目指す同氏の政策がインフレを加速させるとの懸念が
浮上したためだ。

世界の債券市場では過去3日で6920億ドルが吹き飛んだ。
トランプ氏と共和党主導の米議会が歳出を増やすとの憶測を背景に、トレー
ダーらはインフレ率と米政策金利の見通しを引き上げた。

ウエストパック銀行の金融市場戦略責任者は「トランプ経済学は来年のより
速いペースでの利上げを意味する公算が大きい」とし、トランプ氏の勝利は
「1つには緊縮財政と低金利への反感によるものだ。米国が今、方向転換
しようとしているなら、市場もそれを織り込まなければならない」と話した。

同氏は米10年国債利回りが来年6月までに2.3%に上昇すると予想。
日本時間午後3時9分現在は2.02%。

     (ブルームバーグより一部抜粋)

米10年物国債利回りが上昇するようなら、為替は当初予想されていた円高
ではなく、円安方向に行く可能性が高くなる。
日経平均にはプラス要因だが、為替相場がどう動くか予想は難しい。
余談だが、米大統領選挙速報を見ていて、トランプ優勢が報じられるたびに
気分が悪くなり、自分のトランプ嫌いが予想以上だったと気づかされた。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント