2016/10/30

悩める空売り投資家

苦悩するのは割高株の空売りを多用するヘッジファンド。
日銀の買い増しよりずっと前から日本では空売りが機能しなくなっている。

1月の日銀のマイナス金利政策の発表以降、ファンド勢は夏場にかけて
銀行株の空売りを積み増していった。
そして9月には日銀が「総括的検証」を発表。
これを機に銀行株の空売りは買い戻された。

2015年初から日米欧アジア各市場で騰落率を比べると、日本だけが
空売りの機能しない市場になっているのが一目瞭然。
しかもこの傾向は日銀がETF買入れ増額を決めた7月より前から顕著だ。
つまり、日本で空売りが効かない主犯は、日銀のETF買いではない事になる。

16年に入ると世界各市場で、ほぼ同時並行的に空売りが機能しなくなって
きているのが分かる。
「根本的な原因は、世界のマネーがアクティブ運用からパッシブ運用へと
シフトしているからでしょうね」。野村のある幹部は言う。

      (日本経済新聞より一部抜粋)

ロングとショートをするヘッジファンドの苦戦は、世界中で起きている。
パッシブ運用へのシフトも原因かも知れないが、基本的にボックス相場に
なっているのも大きな原因な気がする。
株価が大きく動くようになると、再びヘッジファンドが活躍すると思われる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント