2016/08/28

ロボット資産運用

コンピューターのプログラムが個人投資家に資産運用を助言する「ロボット・
アドバイザー」が日本で普及期に入ろうとしている。
米ブラックロックが近くサービスを始めるほか、大和証券や松井証券など
証券会社も参入する。
ベンチャー企業を合わせれば来春までに20社弱がサービスを提供する。

ロボット・アドバイザーはコンピュータープログラムが個々の投資家の志向に
応じ、最適な運用資産の配分を提案するサービス。
「何歳か」「投資経験はあるか」など簡単な質問に答えれば「先進国株」
「新興国債券」「金」などを組み合わせた運用メニューを数分ではじきだす。
スマートフォンやパソコンを通じ、気軽に利用できる。

最大の強みは金融とITを組み合わせたフィンテックが可能にしたコストの低さ。
手数料は運用額の0.2~1%にとどまり、プライベートバンキングやラップ
口座を下回る。
米ブラロックは近く日本でサービスを始める。自社やプロの機関投資家が
使っている資産配分システムを日本の証券会社に提供する。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

ロボットによる資産運用のアドバイスは、すでにフィンテックベンチャーに
よって、日本でも始まっているようだ。
ただ、ロボットと言っても人間がプログラミングしている事から、会社によって
運用成績に大きな違いが出て来るかも知れない。
ラップ口座同様のリスクはあると考えた方が良いと思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント