2016/07/31

金投資が復活した理由

英国のEU離脱が欧州経済の先行きに対する不透明感を強め、世界的な
金買いに拍車をかけたのは間違いない。
ただ、金が劇的に復活した転機は半年ほど前にある。

金の投資需要は1~3月に618トンと、2009年1~3月に記録した
過去最高(626トン)に迫る規模だ。
年初からの金復活は、市場がドル安の気配を感じたからにほかならない。

足元ではドル相場が回復し、金相場も1310ドル台まで調整している。
それでも英国のEU離脱は結果として究極の通貨安政策となり、各国が再び
金利引き下げを通じた通貨安競争に向かう危険性は払拭できない。

欧州や日本のマイナス金利政策により、世界の債券残高の2割に相当する
21兆ドル(2200兆円強)分の利回りがゼロ以下に沈んでいる。
三菱UFJ信託銀行の金ETF「金の果実」には地銀や信金、年金などの
買いも増えているという。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

遅まきながら日本の金融機関や年金(企業?)などが金を買い始めたようだ。
アメリカの年金より7年ほど遅れているが、買わないよりは良いだろう。
資産運用をする上で、一定の金保有は必要だと思っている。
金は資産の保険の意味合いもあるからだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント