2016/06/26

金、上昇長期化の可能性

英国のEU離脱の方針が決まった24日、国内外で金先物価格が上昇した。
混乱を懸念した「リスクオフ」の資金が流入。
弾みがつきそうな各国の反EU派の動きや、米国の利上げ先送りも影響し、
金値上がりは長期化する可能性がある。

NY市場では時間外取引で一時1トロイオンス1360ドル台に上昇。
前日からの上げ幅は100ドルに迫った。

日本や欧州のマイナス金利は、金利を生まない金という投資商品の
デメリットを弱める。
世界最大の「SPDRゴールド・シェア」の金保有残高は2年9か月ぶりの高水準。
大口保有リストをみると、1~3月に残高を増やした金融機関は26社。
減らしたのは6社だ。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

金相場が1900ドル前後を付けてから下落、調整局面に入っていた環境が
少し変化してきた感じがする。
まだ確信は持てないが、新たな上昇が始まる可能性が出てきたようだ。
イギリスのEU離脱に次いで、もう一つ何かのショックが必要かも知れない。
いずれにしても今まで通り待つしかない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント