2016/05/29

投信「毎月分配」曲がり角

国内の投資信託で主流の「毎月分配型」が曲がり角に差し掛かっている。
株式投信全体に占める純資産の比率は、4月に45%の低水準になった。

毎月分配型への資金流入は昨年後半、急速に細り始めた。
世界で株式相場が下落し金利低下も進んだ。
日銀のマイナス金利政策も運用悪化に拍車をかけた。

投信の分配金は「普通分配金」と「特別分配金」に分けられる。
この特別分配金が元本払戻金だ。
元本を払い出せば投信の価値が目減りし基準価格が下落する。

世界的な低金利時代に入り、運用環境は様変わりした。
もはや安定した高分配の維持は困難だ。
証券会社や運用会社は過去の成功体験にとらわれず、新たな商品を
普及させる必要に迫られている。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

毎月分配型投信のシェアが45%に下がったとはいえ、約35兆円に上る。
この投信の多くが元本を取り崩す「特別分配金」を行っている。
自分のお金で自分に利息を払っている事になり、欧米では法律で禁止している。
詐欺のような投信だと思われるが、日本で許される理由が分からない。
また、1番人気になっているのも不愉快な気分にさせられる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント