2016/03/27

マイナス金利の影響

すでにデンマーク、スウェ―デン、スイスの中銀及びユーロ圏の中銀である
欧州中央銀行(ECB)も同様にマイナス金利を導入している。
現在、マイナス金利を採用する国の国内総生産(GDP)を合計すると、
世界のGDPの実に4分の1近くに達する。

欧州各国では借入金利の下落がデフレ対策や通貨安誘導に役立っている。

金利がマイナスになれば、銀行も預金者も預金をやめて現金を置くように
なると考えるのが普通だった。
しかし1年以上前からマイナス金利を導入している欧州で、預金量に変化はない。

今後、金利のマイナス幅が拡大すれば中銀が支援しようとしている銀行の
収益をさらに圧迫することになるだろう。
銀行が利益を上げられなくなれば、自己資本の積み増しも難しくなる。
そうなると銀行は、顧客の預金から手数料を取る必要性が生じて来るだろう。
欧州の銀行はマイナス金利のコストの一部を大手企業の預金者に転嫁し始めている。

ある程度大きなマイナス金利が長期間続いたなら、専門のセキュリティ企業が
現れ、大口預金者のために現金を補完する金庫室を作り、顧客の口座間で
決済を行うようになるだろう。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

マイナス金利がさらに大きく、長期間になるとプラスよりマイナス効果のほうが
大きくなる可能性があるようだ。
金利だけで経済を好転させようと考えるのが間違っている気がする。
マイナス金利は異常な状況であり、異常な状況を長く続けるのはリスクが
大きくなると思われる。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント