2016/02/28

金に中長期マネー流入

現在、国際指標となるニューヨーク先物相場は1トロイオンス1240ドル
近辺を動き、年初からの上昇率は15%に達した。
アフガニスタンにソ連軍が侵攻して「有事の金」が買われた1980年以来
となる急騰相場になった。

年初以降、株価の乱高下や米国の追加利上げ観測の後退、日銀のマイナス
金利政策の導入など強材料が重なった。
資金が安全資産と言われる金の市場に逃避し相場が上昇した。
足元で金融市場が落ち着きを取り戻す中でも金相場は下がらない。
これまでとは雰囲気が違う。

2月19日と22日、ETFのSPDR(スパイダー)ゴールド・シェアで
38.66トンの金が買われた。
米市場で株価が上がっていくリスクオンの局面で金が買われた。
SPDRの総残高は760トンになり、1年間で流出した資金がほぼ戻ってきた。

ほぼ同じタイミングでロシアの中央銀行が、金を1月に22トン購入したことを
明らかにした。金を淡々と積み上げている。
中国人民銀行も国内景気が減速しても毎月、20トン弱の金を必ず買う。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

金市場は短期マネー中心から、中長期マネーへと変わってきたようだ。
中国、ロシアだけでなく、世界中の多くの中央銀行による金備蓄は、
リーマンショック後に180度転換し、今も買い続けている。
勘もささやいているが、勘を意識した時点で間違っている気もする。
慎重に見極める必要がありそうだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント