2016/01/31

マイナス金利(備忘録)

日銀は銀行から預かる当座預金に付けている金利の一部を、初めて
マイナスにする新たな追加金融緩和策を決めた。
銀行が当座預金に預けるお金のうち、2月16日から新たに預ける分に
マイナス0.1%の金利を付ける。
マイナス金利では銀行が日銀にお金を預けると預金が減る。

マイナス金利政策は「金利」から「量」に転換した政策対象に、再び「金利」
を加えるという金融政策手法の大転換となる。
政策対象に再び金利を加えたのは「市場に出回る国債が減り、資金量を
目標にする現行政策が早晩行き詰まる」という市場の緩和限界論を
払拭する思惑もある。

銀行はマイナス金利で、融資や株式投資などに資金を振り向けるとみられ、
企業収益や賃金改善を通じて、景気回復や物価上昇につながる効果が見込める。
海外に比べて金利が下がれば、金利差による円高圧力も和らぎやすくなる。
ただ一方で、金利の大幅低下で銀行の収益力が落ち、中小企業向け融資
などが抑えられる恐れがある。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

マイナス金利というサプライズによって、円安、株価上昇になったが、いつまで
この効果が続くか分からない。
むしろ出口なき金融政策が、また一歩進んだという気がする。
いずれアベノミクス、日銀の金融政策のツケを払う時期が来ると予想している。
その時の為の備えをしておくべきかも知れない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント