2012/07/08

トルコ国民の選択

トルコ大手宝飾品メーカー1社が、トルコ最大手銀行2社と協力して
トルコ国民から金宝飾品を集めて、銀行のゴールド保管口座で保管する
業務に携わることになった。
この宝飾品メーカーは全土に約400店を展開していていて、この2大銀行に
ゴールドを預けると貯ゴールド証書を発行する事になる。
トルコの銀行預金は減少を続けているが、自宅に隠し持っているゴールドの
総量は約5000トンと言われている。

     (高年さんのブログより一部抜粋)

トルコ国民が5000トンものゴールドを保有している事に驚かされる。
長い歴史から学んだ資産保護の選択なのだろう。
繰り返しになるが、欧州の富裕層は全資産の10%ぐらいをゴールドで
保有しているのが一般的。
資産の保険と考えられているからだ。
中東のアラブ諸国や中国、インドなど陸続きの大国も同じように
ゴールドを資産の一部として保有している。
日本人も少し真剣に考えた方が良い気がする。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【トルコ国民の選択】

トルコ大手宝飾品メーカー1社が、トルコ最大手銀行2社と協力してトルコ国民から金宝飾品を集めて、銀行のゴールド保管口座で保管する業務に携わることになった。この宝飾品メーカ...