2012/05/27

フェイスブック狂想曲

日経新聞によるとフェイスブック上場後、いろいろな問題が起きているようだ。

フェイスブックはSECに9日、スマートフォンへの対応の遅れから、広告収入が
伸び悩みかねないと説明した。
ところが15日には公募価格を引き上げている。
幹事証券から投資家の人気が高いと伝えられたためだ。
さらに16日には、上場時の売り出し株数を25%上積みした。
これらの行動から訴訟が起こされている。

また、フェイスブックの公募価格は38ドルだが、PERで見ると約67倍になる。
グーグルが約20倍との比較から、いかにも高すぎる気がする。
上場から1週間たった25日の株価は、31.91ドルとなっている。
公募価格より約6ドルの下落だが、まだ下がる可能性もありそうだ。
PERから判断すると、3分の1の13ドルぐらいまで下げてもまだグーグルより
割高と言える。

人気の高い株だけにどうなるか分からないが、収益の伸び悩みが続くようだと
大きな下落が待っているかも知れない。
いずれにしても投資するほどの魅力は感じない株だ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【フェイスブック狂想曲】

日経新聞によるとフェイスブック上場後、いろいろな問題が起きているようだ。フェイスブックはSECに9日、スマートフォンへの対応の遅れから、広告収入が伸び悩みかねないと説明した。ところが15日には公募価格を引き上げている。幹事証券から投資家の人気が高いと伝え?...