Photo Gallery

Archive: 2017年04月  1/1

日本の「都市鉱山」

No image

日本の都市鉱山に眠る金は6800トンと世界の埋蔵量の約16%、銀は約6万トンで約22%にあたる量が存在。国別の埋蔵量としてはともに世界一だ。銅も約8%にあたる3800万トンが存在し、2位につけている。都市鉱山の埋蔵量からみると日本は世界有数の資源国と言える。日本の都市鉱山には世界需要の数年分の金属が存在する。金・・・2.7年分          銀・・・3.1年分銅・・・2.5年分        ...

  •  0
  •  0

金とプラチナの価格差

No image

金とプラチナ(白金)の価格差が4月に入って急速に広がっている。2016年末で200ドル台だった差は、4月中旬現在、310ドル前後まで拡大した。地政学リスクの高まりで、投機筋が金投資を増やしているためだ。国際指標となるニューヨーク市場の金先物相場の18日時点の終値で1トロイオンス1291.7ドルと約5か月ぶりの高値にある。一方、同市場のプラチナ先物の終値は975.8ドル。両者の差は315.9ドルとな...

  •  0
  •  0

金(ゴールド)で決済

No image

買い物の支払いは金(ゴールド)で、そんなカードが6月に英国で誕生し、来年にも日本に上陸する。ロンドンに本社を置くグリント社がマスターカードと組んで、即時決済するデビットカードを発行する。顧客は金を購入、預託し、カードの使用代金分の金を売却してもらい、支払いに充てる。銀行が介在しない新しい決済手段のカードとして注目されそうだ。グリントのデビットカードは、金に通貨と同じ役割を持たせた新しい仕組みのカー...

  •  0
  •  0

日本経済2つのシナリオ

No image

日本経済を景気循環の観点から見ると、ゼロインフレの下で労働需給や企業収益などの経済指標は非常に順調で、理想的な状況に近い。政府・日銀と日本経済のマクロバランスにとって理想的なシナリオは、2%のインフレ目標が達成できず、ごく低い物価上昇が続くことだ。そうすれば日銀はゼロ金利を継続でき、徐々に量的緩和を弱めることでバランスシート拡大に歯止めをかけ、縮小へと巻き戻せる。これに対し、2%のインフレ目標が急...

  •  0
  •  0

金持ち企業の配分

No image

慎重姿勢を強める投資家の注目する指標の一つが「総資産に対する手元流動性比率」。高いほどキャッシュリッチ企業だ。   キャッシュリッチ企業の株価は上昇している           総資産に占める      株価上昇率          手元流動性の比率       (%)日セラ         58%          22.9フューチャー      51%          21.2ファナック  ...

  •  0
  •  0

What's New