2017/01/29

金に先高観

金は「無国籍通貨」の顔を持つ。
伝統的にドルの代替資産とみなされ、価格はドルと逆に動きやすい。
景気減速や金利低下に備える「安全資産」の顔もある。
FRBは17年の利上げシナリオを従来の年2回から3回に上方修正した。

米利上げが加速すれば金の上値が抑えられる。
だが先高を見込む声も少なくない。
マーケットアナリストの豊島氏が理由に挙げるのが「トランプ米新政権の
政策に代表される不確実性」だ。

不確実性は3つに分類される。1つ目が米政権の経済政策だ。
製造業復活のため、10年で1兆ドルに上るインフラ投資を掲げている。
マーケット・リスク・アドバイザリーの新村代表は「好調な米経済に
財政出動でテコ入れすれば、インフレ懸念を連想させる」と指摘する。

2つ目が地政学リスクだ。
中東情勢の緊迫は「有事の金買い」につながりやすい。
第3の不確実性が欧州のポピュリズム政党台頭だ。
ICBCスタンダートバンクの池水氏は、極右政党が大衆の支持を集めれば
「欧州混乱が意識され、逃避資金が金に向かう」とみる。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

3つの不確実性があっても、金の上昇圧力は小さいと思われる。
先高と言っても数十パーセントぐらいな気がする。
金価格が再上昇して行くには、もっと強力な材料が必要だろう。
スポンサーサイト
2017/01/22

個人が選んだベスト投信

個人投資家自らが優れた投信を選ぶ「ファンド・オブ・ザ・イヤー
2016」の発表会が渋谷であり、個人投資家が詰めかけた。
投票は投信ブロガー139人。
商社、通信、金融など様々な業種で働く若い世代の会社員が主体だ。

  個人が選んだベスト投信2016(一部略称)
1位 ニッセイ外国株式インデックス
2位 たわらノーロード先進国株式
3位 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
4位 iFree 8資産バランス
5位 セゾン・バンガード・グローバルバランス

アクティブ運用で成功すればコスト差などはるかに上回る成績を
得られるが、長期で勝ち続けるアクティブ型投信を事前に選ぶ難しさを、
多くのブロガーが熟知している。
このためこの賞では例年、低コストのインデックス型が上位に来がちだ。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

投信を長期で運用する場合、やはりコストは重要な気がする。
それでも株式投信は、購入するタイミングが最も大切だと思われる。
基本的に株投資と同じ感覚が必要かも知れない。
2017/01/15

内需株に資金シフト

今年になって株式相場のけん引役が輸出株から内需株に変化している。
投資家が内需株を物色する拝啓には、円安が一段落していることがある。

  銘柄    株価騰落率(%)  銘柄    株価騰落率(%)
モノタロウ    11.0     大塚HD     10.9 
長谷工      10.0     ソフトバンク   9.2
出光興産      8.5     セブン&アイ   8.5
ソニー       8.4     ポーラHD     7.8   
商船三井      7.4     Jフロント     7.2
TBSHD       7.1     ローム      6.7
ルネサス      6.7      JSR       6.6
ヤフー       6.2      テンプHD    6.1
東燃ゼネ      6.0      JAL       6.0
(注)16年末と13日終値の比較、時価総額3000億円以上が対象

     (日本経済新聞より一部抜粋)

株価騰落率6%未満は省略した。
トランプ次期大統領に関係なく、為替相場の影響も少ない内需株が
物色されたようだ。
ただ、まだ積極的に買う時期ではない気がする。
2017/01/08

投信流入額が急減

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
本年もよろしく、お願い致します。

2016年の株式投資信託の資金流入額(解約と償還を差し引いた純額、
上場投信などを除く)は12年以来、4年ぶりに1兆円を割り込んだ。
6兆円を超える勢いだった15年から一転し、16年の個人は相場上昇で
売った後、新たな買いを控えている。

16年の株式投信への資金流入額は約7900億円。
15年(6兆2300億円}と比べると約9割減った。
日本株投信は16年全体で6000億円の流出増だった。

     (日本経済新聞より一部抜粋)

株式投信への投資額が減っているのは、賢明な判断だと思う。
NYダウはPER21倍ぐらいであり、明らかに高値水準にあると思われる。
現在の水準から上昇しても、小さく短い期間(数か月)だと予想している。
その後は大きく下落する可能性が高いと考えている。