Photo Gallery

Archive: 2015年03月  1/1

強すぎるドルは問題?

No image

ソシエテ・ジェネラルのローレンス・マクドナルドはCNBCに出演した上で、強すぎるドルこそが原油安の原因だと述べている。原油価格は昨年後半に入ってから崩れ、半年余りで半値以下に下落した。価格の下落は、シェール革命による供給過剰に加えて、欧州の景気減速で石油需要が減退した事が原因だとされてきたが、シェール革命は今に始まった事ではなく、欧州経済の景気減速も突然、起こったものではない。同氏によると、原油価格は...

  •  0
  •  0

マネー退潮への備え

No image

米エバーコアISIによると、過去3年の緩和措置は世界で500件を超えている。世界的な株高も、欧州で拡大する債権のマイナス金利も、膨張する緩和マネーを抜きに語れない。だが、そんな「人工的な流動性の海」も、いずれ退潮する。国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は昨年、カネ余りが終わってもマネーに選ばれる国の条件を示した。「投資家は経済を、政府の強さを、政策の見通しやすさと実行力を見極めて、その国にとどまる...

  •  0
  •  0

「クジラ買い」(日本)

No image

クジラは全部で5頭。買い余力は合計で20兆円を超えるとの試算もある。「円相場との相関はなくなっているし、米国株とも全く連動しない。理屈をつけようとすればするほど、分からなくなる」ある外資系のストラテジストは苦笑いした。あまりの相場の強さにサジを投げた様子だ。   公的マネーからの資金流入規模 主体      資産規模   日本株比率  組み入れ目標  買い余力  GPIF       137兆円   ...

  •  0
  •  0

ソロス氏、石油関連株の大量買い付け

No image

世界的な投資家、ジョージ・ソロスの基幹ファンドとなる「ソロス・ファンド・マネージメント」がエネルギー大手のDevon Energy、385,497株とTransocean、149,000株の大量買い付けを実施すると同時に、グーグル、アップル、インテルといったIT関連株の売却を実施していたことが明らかとなった。市場では、原油価格の先行きに対しては、複数の見方がでており、今回のエネルギー関連株の大量買い付けを受けて少なくとも...

  •  0
  •  0

さらば「三本の矢」

No image

大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略という「3本の矢」は、それなりの効果を発揮してきた。しかし、このところその限界が明らかになりつつある。第一に効果が薄れている。金融政策については、異次元緩和策が市場にインパクトを与え、円安・株高が進んだ。これが企業マインドと収益を改善させてデフレからの脱却に貢献した。こうした効果は、主に期待に作用するアナウンスメント効果によるもの。しかし...

  •  0
  •  0

What's New