Photo Gallery

Archive: 2014年07月  1/1

世界同時「夏枯れ」

No image

今年の夏枯れは一段と強力で、日本だけでなく世界の主要市場で同時に起きており、しかも株式、債券、為替と複数の金融市場で起きている。市場が予想する、日経平均の将来の値動きの大きさを示す日経平均ボラティリティー・インデックス(日経平均VI)は、24日時点で14.82。約7年ぶりの低水準(14.00)より上昇したが、低水準に変わりない。米S&P500種株価指数の予想変動率を示す米VIXも低下傾向。前日比騰落...

  •  0
  •  0

世界の主な株価指数

No image

     世界の主な株価指数の騰落率(7月11日現在)    国・地域                年初来インド(SENSEX)              18.20%インドネシア(ジャカルタ総合)      17.74%フィリピン(フィリピン総合)         17.17%トルコ(BIST100)               17.05%タイ(タイ総合)                16.89%ベトナ...

  •  0
  •  0

GOLDの需要と供給

No image

金の用途別需要量(2013年)は、宝飾品2210トン、地金1267トン、金貨283トン、電子282トン、メダルなど104トン、歯科37トンになっている。また国別の個人消費は、1位が中国で1066トン、2位がインドで1000トン弱、3位はアメリカ、4位トルコ、5位タイ、6位ドイツ、7位ベトナム、8位UAE、9位ロシア、10位サウジアラビアと続くが200トン以下だった。     主要国の金の生産量  国...

  •  0
  •  0

「バフェット指数」は黄色信号

No image

世界の株式時価総額の膨張ぶりも見逃せない。IMFの予想では、14年の世界の国内総生産(GDP)は77兆ドル弱。これに対し世界の時価総額は70兆ドルまで増えた。実体経済の規模を示すGDPに対する時価総額の比率は90%を上回る。過去には米ITバブル期の1999年末に120%、米住宅バブル期の07年末に110%に達し、その後相場は下げに転じている。この比率はウォーレン・バフェット氏が注目することで有名だ。いわば「バ...

  •  0
  •  0

What's New