Photo Gallery

Archive: 2012年10月  1/1

香港ミニバブル?

No image

アジアの新興国・地域への資金流入が加速している。その中でも香港への資金流入が最も激しい。香港株式市場でハンセン指数は8日続伸し、年初来高値を更新した。香港の中央銀行(HKMA)は、香港ドル売り・米ドル買い介入に踏み切った。資金流入が続き、香港ドルの「上限」と定める1米ドル=7.75香港ドルに達したためだ。またマネーは不動産市場にも流入し、不動産市況全体を示す指数は過去最高を更新した。香港の財政・金融政...

  •  0
  •  0

日中の金融協力の現状

No image

昨年12月に合意した、日本と中国の金融協力は3つの柱がある。1、円・人民元の直接取引の開始。2、日本政府による中国国債の購入。3、人民元建て債券市場の育成。このうち日中摩擦の影響がほとんどないのが、6月に始まった円と元の直接取引。民間金融機関によって、東京市場で一日に100億円前後が取引される。9月半ば以降もそれまでと同じ水準で取り引きされている。一方、中国政府が3月に認めた650億元(約8200...

  •  0
  •  0

もがく世界の年金基金

No image

欧米を中心とする世界の年金マネーが、運用不振の株式に代わる投資先を探している。アイオワ州職員退職年金基金、スウェーデン政府年金基金などは広大な大豆畑などの農地ファンドに注目しているようだ。また、ノルウェー政府年金基金はイギリスのショッピング街「リージェント街」を購入した。先進7ヶ国の年金マネーは約26兆ドル(約2000兆円)。10年前に61%だった株式運用の比率が41%まで低下。一方、商品、不動産...

  •  0
  •  0

ヘッジファンドの苦悩

No image

NYダウ平均は昨年末比11%高い。ところがヘッジファンドは、9月26日時点で全体で3.04%の投資益しか上がっていない。ヘッジファンドは、市場のゆがみや価格差を狙う裁定取引が中心。裁定機会が限られるから、競争相手が増えれば個々の分け前は減る。サブプライム関連で稼いだジョン・ポール氏も成績悪化が深刻になり、数億ドル単位の解約要請も出ているようだ。このまま年末までヘッジファンドの成績が悪く、顧客からの解...

  •  0
  •  0

What's New