Photo Gallery

Archive: 2012年09月  1/1

スペイン銀行のストレステスト

No image

スペイン政府と中央銀行は28日、国内の銀行の特別検査(ストレステスト)を行った結果を公表した。資本不足は最大で総額593億ユーロ(約6兆円)になった。テストの対象は、14の金融機関で国内の預金の約90%を占める。このうち7つの銀行は、追加資本は必要ないと判定された。残りの7つのうち、国有化されたバンキアが247億4300万ユーロと資本不足が最大。次いでカタルーニャバンクの108億2500万ユーロ、...

  •  0
  •  0

破綻続くアメリカ自治体

No image

アメリカの地方自治体の破綻が止まらない。カリフォルニア州で今夏、3つの市が破綻した。8月に人口21万人のサンベルナルディノ市が破産法の適用を申請。6月のストックトン市、7月のマンモス・レイク市に続く動き。ただ、この3市の破綻は「計画倒産」と批判されている。職員向けの既得権益(医療給付や人件費など)を温存したまま、破綻に踏み切っているからだ。2012年の自治体の破綻は8月末までで10件超となり、00...

  •  0
  •  0

QE3の一部?

No image

FRBが13日、量的緩和第3弾(QE3)に動いた。今回の措置は住宅ローン担保証券(MBS)の購入が柱。住宅ローンの金利を低下させるのが狙いで、毎月400億ドル(約3兆1千億円)のMBSを年末まで購入する。この間の購入総額は1400億ドルになる。ただ、来年以降も続くと市場関係者は予想している。一方、購入資産に米国債を含まない点に、市場では「予想外」との声も上がった。FRBは長期金利の低下を狙って期限が長めの国債を買...

  •  0
  •  0

州政府の救済要請相次ぐ(スペイン)

No image

スペインの州政府による救済要請が相次いでいる。7月に東部バレンシア州、南東部ムルシア州のの救済要請があったが、その後、北東部カタルーニャ州、南部アンダルシア州が財政破綻し救済要請をした。アンダルシア州はスペインでも人口が多く、失業率は33.9%に上る。4つの州の合計で約1兆円の救済資金を要請しているようだ。以前の報道で、スペイン州政府レベルの財政破綻がさらに6つの州で起きる可能性を予想していたが、...

  •  0
  •  0

世界の上場企業CEOの見方

No image

世界の上場企業の最高経営責任者(CEO)のうち、約48%が世界経済の状況を「悪い」と考えている事が明らかになった。「悪い」という回答は、11年の24%から倍増した。逆に「良い」という答えは4%で、前年の15%から急減している。13年に最も成長が期待できる国・地域は、中国が39%でトップ。これにブラジルが15%、東南アジアが11%で続いた。また、ユーロ市場については、全体の37%が13年はマイナス成長に...

  •  0
  •  0

What's New