Photo Gallery

Archive: 2011年08月  1/1

第二段の暴落を予想する

No image

私の短期の株価予想はよく外れる。それでも予想しなければならないのは、正しかった時に大きなメリットがあるからだが、正誤はQE3次第になりそうだ。NYダウが大天井を付けたのは、2007年10月の14164ドルでその後、2009年3月に6547ドルまで下がり、最初の底を打った。この間、1年6ヶ月かけて約54%下落した。第二段の暴落は過去の例から、第一段より規模が大きく、長くなっている。今回、第二段の暴落...

  •  0
  •  0

新興国が金の購入拡大

No image

日経新聞によると新興国が金購入を拡大しているようだ。政府・中央銀行の外貨準備の一部として、金購入を増やしている。タイは今年に入ってから約28トン増加した。ロシアが約48トン、メキシコは約100トン増やしている。韓国は7月末で前月比25トン増加していて、中国やインドだけでなく世界中がゴールド保有に動いている。そんな中、日本だけが2006年から金の純輸出国になっている。時代の流れに逆らう愚かな行為にし...

  •  0
  •  0

今後の行方

No image

先週、NYダウが上下に大きく揺れ動いた。今後、大きく下落して行く可能性が高くなった気がする。ただ、その為にはQE3が実行されない事が条件になるだろう。過去にQE1・2が実施された時、NYダウの下落が止まり大きく上昇した経緯があるからだ。今回は簡単にQE3が出来ない事も予想されている。その場合は下げが加速して行くと考えている。また、QE3が実行されても下げ止まらない事も考えられるが、その可能性は小さ...

  •  0
  •  0

世界同時株安

No image

今回の世界同時株安は欧州が火元で、アメリカが火に油を注いだ感じになっている。EU域内のソブリンリスクにより、スペインとイタリアの銀行が融資の抑制を余儀なくされる可能性が出てきた。両国の国債利回りが6%を超えてきており、両国銀行の借り入れコストが押し上げられている。両国それぞれの5大銀行は、2013年までに償還を迎える社債が約26兆8400億円ある。ところが新規社債の発行が進んでいないらしい。よって...

  •  0
  •  0

What's New