2011/07/31

商業用不動産価格(アメリカ)

しばらく休止してましたが、再開したいと思います。
また、よろしくお願いします。

米商業用不動産価格の下落が続いている。
その下落スピード・下落幅ともに住宅価格よりも大きい。
商業用不動産ローンは「永久ファイナンス」と言われていて、融資期間は
3~10年と短いが、融資期間中に元金分の一部返済がない。
融資期限が来ると、元金丸々分の再融資を受ける形になっていて、
これを繰り返すようだ。
2010~2014年に期限を迎える1.4兆ドルのうち、約半分が
担保割れになるとみられている。
現状では資金繰りに詰まって、担保不動産の投売りが行われる可能性が高い。

貸し手の主体は中小金融機関であり、経営が圧迫される事が見込まれている。
そして担保不動産の投売りとともに事業から撤退、従業員の解雇
という流れが考えられる。
失業率の改善はまだまだ先になりそうだ。
スポンサーサイト
2011/07/10

しばらく休止に

一身上の都合により、しばらく休止します。
再開できるようになった時、再開したいと思っています。
その時はまた、よろしくお願いします。
2011/07/03

シンガポール3大銀行

シンガポールの3大銀行、DBS、OCBC、UOBは、新しい資本規制
(バーゼル3)をすでにクリアしているが、同国金融庁の要求により
15年までに2%上乗せし、9%にする事となった。
バーゼル3は、国際展開する金融機関の自己資本比率を19年までに
7%にすることを義務付けている。

日米欧の大手銀行はバーゼル3をクリアするのに苦労すると見られている。
それに比べてシンガポールの3大銀行には余裕がある。
また、「世界最強の銀行」の1位にOCBCが選ばれた。
5位にDBS、6位にUOBが選ばれている。
このランキングは資金量とは関係なく、不良債権などが無くて
健全な業務を行っている事が基準になっているようだ。

安心して資産を預けられる銀行として、個人的に調べてみようと思う。
他にも幾つか条件があるが、クリアできれば真剣に考えてみたい。

   (備忘録として)