2011/05/29

ギリシャとベラルーシ

この1週間に気になる2つのニュースがあった。
一つはギリシャ国債の保証コストが過去最高に上昇したことだ。
CDS市場でギリシャ国債のCDSスプレッドが、1496bp(ベーシス
ポイント)に上昇した。
これは5年以内のデフォルト(債務不履行)の確率71%を織り込んだ水準。
黄信号から赤信号になったのかも知れない。
ちなみにアイルランドは661bp、ポルトガルは670bp、
イタリアは171bp、スペインは271bpになっている。

もう一つは、ベラルーシの通貨ベラルーシ・ルーブルの公定ルートが
1ドル=3155ルーブルから4930ルーブルになった。
56%の切り下げになる。
外貨準備が底をついた事に対応したようだ。
突然の切り下げだったらしく、買い占めやパニック買いなどが起こり、
国内が混乱している。

   (ブルームバーグ&読売新聞から一部抜粋)

この2つのニュースは関連が無いように思えるがそうでもない。
もし、ギリシャがユーロに参加せず、ギリシャ通貨ドラクマのままだったら、
同じように切り下げを行っていただろう。
通貨切り下げを行う事により、現在のように追い詰められる事もなく、
経済再建が出来たかも知れない。
実際にギリシャは通貨切り下げによって救われた過去があるからだ。

スポンサーサイト
2011/05/22

QE2で終了!?

FRBが4月末に開いたFOMCで、QE2打ち切り決定とその後の金融政策
運営についての議事録が18日に公表された。
QE2打ち切り後、短期の政策金利の引き下げを先行し、購入した資産の
圧縮は時間をかけて進める方向のようだ。

ただ、6000億ドル規模の長期国債を買い入れていたのを、7月以降ゼロにして
新たな米国債を誰が買うのだろう?
本当にQE3を行わないで済むのだろうか。
NYダウの上昇、米景気の上昇などにQE1・2が大きな役割をしていたのは
確かであり、6月で終了となるとマイナスの影響が出てくる事が考えられる。

ジョージ・ソロス氏が率いるヘッジファンドが、金の関連資産のほとんどを
売却していたことが分かった。
SECに提出した3月末時点の保有報告書で判明した。
金ETFの99%を売却したようだ。
ちなみにジョン・ポールソン氏は売却していない。
2011/05/15

外貨準備

日経によると、新興国が外貨準備運用の多角化を進めているようだ。
外貨準備とは、政府や中央銀行が保有する外貨建て資産のこと。

IMFによると、10年末の世界各国の外貨準備の合計は9兆2582億ドル
(約750兆円)になる。
通貨別構成比で、ドル、ユーロ、ポンドが09年より比率が低下した。
かわりに円、豪ドル、カナダドルなどが増加したようだ。
特にドルの比率は10年前の70%から61,4%まで下がった。

また、ゴールドは10年末で2万7220トン(約1兆2300億ドル)
と09年比30%増えたようだ。
外貨準備に占める比率は10%を超え、さらに増え続けている。
ゴールド購入の主役は新興国で、1年でロシアが20%増加、タイも20%、
インドは50%、中国は80%増やしている。
新興国中央銀行によるゴールド購入は始まったばかりであり、今後さらに
増えていくと予想されている。
2011/05/08

メキシコも金備蓄へ

メキシコ中央銀行が今年の1-3月期に、100トンの「金」を購入して
いた事がIMF統計から分かった。
メキシコは金備蓄がほとんど無い国だった。
今後、他の南米諸国も追随する可能性が出てきた。
ただ、反米のベネズエラはすでに多くの「金」を備蓄している。

また、2010年9月にメキシコ政府は、国内での米ドルの使用を禁止する
新たな法律を施行した。
旅行客などが米ドルを簡単にペソに交換できなくなったようだ。
厳しい法律により、両替商の多くが閉鎖しているらしい。
これらの一連の流れから、メキシコは米ドルに対して強い不信感があり、
国も民間もドルを持ちたくないという感じがする。
アメリカと親密なメキシコの変化は未来を予見しているかも知れない。
2011/05/01

金地金を大量現引き

テキサス大学投資管理会社(UTIMCO)が、金地金6643本
9億8700万ドル(約820億円)相当を、金の先物市場から
現引きしたようだ。

UTIMCOの取締役会のメンバーであるJ・カイル・パス氏は、
「先物の5%の保有者が現物を受け取ろうとすれば、現物の量は
足らなくなる」とみている。
さらに「私は、金を増刷できない通貨だと考えている」と述べた。
金現物の不足に備え、手元に確保したようだ。

UTIMCOの運用資産は昨年8月時点で199億ドルで、ハーバード大の
基金についで2位に位置している。
また昨年、金投資を5億ドル増やした。
ちなみに今回、現引きした金地金の重量は20トンぐらいらしい。
どのようにして運んだのだろう?
 
   (ブルームバーグより一部抜粋)