2010/07/25

変わらない下落トレンド

今週NYダウが上昇し週足チャートも陽線になっているが、
下落トレンドは変わっていないようだ。
むしろ来週NYダウが下落すると、13週移動平均線と
52週移動平均とで信頼性が高いデッドクロスが成立する可能性がある。
逆に大きく上昇するようだと違った形になる可能性も出てくる。
来週は注目の1週間になりそうだ。


ドル建て金価格は一進一退を繰り返しているが、今後の予想も
二つに割れているようだ。
下がっていくと予想している人たちは景気の回復を念頭に入れており、
上がっていくと予想している人たちは景気の回復はまだないと
予想している。
私は金価格上昇予想だが、欧米の失業率、緊縮財政への移行、
住宅価格の下落が止まっていない事などがその理由になっている。
スポンサーサイト
2010/07/18

試 練

持ち株の一つの金鉱株にトラブルが発生した。
鉱山の一つが事故を起こしたようだ。
大規模な汚染が発生し、鉱山は無期限停止状態になっている。
株価は出来高をともなって急落し、まだ下げ続けていて
底値のメドは立っていない。
ただ、幸いなのはまだ取得価格より高い水準にあるのと、
倒産の心配がない事だろう。
それでもかなりの評価益が無くなってしまった。
金鉱株のリスクをあらためて思い知らされた気がする。
大きく下がってしまったが、株は持ち続けるつもりだ。


今回の主力の持ち株のトラブルで、目標達成時期が大きく遅れる
可能性が出てきた。
さらに我慢が必要のようだ。
2010/07/11

行って来い

今週のNYダウが大きく上昇した事によって、先週の下げ分を
ほぼ取り戻した形になった。
それでもまだチャート的に下げ基調は変わっていない。
出来高が少ない事からも、この上げは強くない気がする。
さらに大きく上昇するようだと様相も変わってくるが、
その可能性は小さいと予想している。


ドル建て金価格が少し下げている。
ヘッジファンドなどの目先筋の売りが原因と思われるが、
良い調整のような気がする。
まだ下がる可能性もあるが、大きく下げて行く事はないと
予想している。
いずれにしても金投資は株などより長期で考える必要があり、
短期の上下は気にしない方が良いだろう。
2010/07/04

再暴落の可能性

下向きになっていたNYダウの週足移動平均線がデッドクロスした。
13週が26週移動平均線に上から下へクロスする形だが、
同じデッドクロスは2007年12月と2008年7月にある。
その後の下落を考えると、今回も大きく下落する可能性が
高くなってきた気がする。
今後、26週と52週でデッドクロスが成立すると、さらに
再暴落の確率が高くなると考えられる。


NYダウに先行する形で下げていた上海総合は、その後も
下げ続けている。
上海総合の13週と26週のデッドクロスは今年の3月に
あったが、5月には26週と52週でもデッドクロスしている。
今は上海総合が先行指標のような形になっているが、今後も
続くかは分からない。
ただ、続いてくれると有り難い。