2009/12/27

金価格調整か

1200ドル台に乗せた金価格が1100ドル前後まで下落している。
目先の利益を追求しているヘッジファンドなどの売りが
原因の一つのようだ。
一定の上昇の後に利食い売りが出るのは自然であり、一時的な
調整のように思われる。
いつ調整が終わるのか分からないが、長期的上昇トレンドに
変わりなく、特に問題はなさそうだ。


NYダウは10000ドル前後で横ばいの動きになっている。
最近の上昇トレンドの形とは違って来ているが、すぐに下落と
なるかは分からない。
この水準からさらに大きく上昇する可能性は低いと思うが、
どうなのだろう?
まだしばらくは様子見が必要かも知れない。
スポンサーサイト
2009/12/20

運と実力

「運も実力のうち」という言葉があるが、自分の経験から危険な考え方と
言えるかも知れない。


株投資を始めて数年後に空売りを開始したが、最初から順調で
数十連勝してしまった。
一定の基準で投資していたので実力だと思っていた。
ところが同じ基準で投資して大きな損失を出してしまう。
過去の空売りの投資状況をよく調べてみると、利益を上げた投資が
運にも恵まれていた事が分かった。
自分の実力を過信していたのだ。
「運も実力のうち」と思っていると傲慢になりがちで、真の実力が
把握しにくくなる。
むしろ「実力も運のうち」と思っていた方が良いのかも知れない。

2009/12/13

所有しないリスク

現在、全資産の80%以上を金(GOLD)に関連した投資をしている。
リーマンショック後に倍増した。
普通に考えると、この割合が高すぎる事は分かっているが、
乱世に利益を上げるには必要な投資行動だと思っている。
むしろ金をまったく持たないリスクの方が、私の投資リスクより
高いのではないかとさえ思う。
今はデフレでもインフレでも金が輝きを増す時代になってきた気がする。


スイスが金を大量に売却した事によって、安心して長期間預けられる
通貨が無くなってしまった。
スイスフランは以前、100%の金の裏付けがあったのに残念だ。
金を大量に売却したスイスの政治家と金備蓄をしようとしない
日本の政治家では、どちらが愚かなのだろう?




2009/12/06

1200ドル台乗せ

ドル建て金価格がついに1200ドル台に乗せた。
さすがに金曜日は下落したが、毎日のように上昇するのは驚きだった。
短期的な値動きは予想が難しいが、長期的には強気で良さそうだ。


エリオット波動での長期予測では、第一波が256ドルー1015ドルへ上昇。
第二波は1015ドルー699ドルへ下落、とここまではほぼ当たっている。
現在は第三波で699ドルー3500ドルへ上昇という予測になっている。
ちなみに第四波は3500ドルー2500ドルへ下落。
第五波は2500ドルー10000ドルへ上昇、という予測になっているが、
第四波と第五波はあまり考えない方が良いかも知れない。
期間的に第三波までが勝負だと考えている。


株の短期予想はまた外れたかも知れない。
でもまだ一縷の望みを捨てていない。
近いうちに答えが出そうだ。